• ちょっと復習:そもそもTPPって何だっけ

    TPPがめざすもの

    TPPとFTA/EPAは違う

    対象が広範囲で例外を認めない

    授業には出席してたけど、寝てて覚えてないや。最近よく聞くけど、TPPってなんだっけ?

    新聞やテレビ、インターネットで最近よく目にするTPP。何のこと?って人も多いはず。まずは復習してみましょう。

  • TPPがめざすもの

    TPPって(太平洋連携協定 Trans-Pacific Partnership)の略ですよね? 具体的にはどんなことですか?

    TPPの原則は「関税の撤廃」と「各国の様々なルールやしくみの統一」。輸出や輸入ではふつう関税が課せられるし、国ごとに異なる品質検査がありますね。また、サービスや投資などのルールも、各国の事情に応じて異なっています。そうしたものを全部取り払って、国境を越えて物が自由に行き来できるようにし、サービス、食品安全性や医療、雇用、投資などに関するルールや仕組みを統一しようとするのがTPPです。
    このTPPには、アメリカ、シンガポール、ニュージーランド、ブルネイ、チリ、オーストラリア、ペルー、マレーシア、ベトナム、メキシコ、カナダに加え、日本の12ヶ国が参加しています。

    参加国同士なら無関税で輸出入ができて、ややこしいルールや仕組みも統一されるんですね。とても良いことじゃないですか!

    物品の輸出入にかかる関税が撤廃されるとともに、サービス、食品の安全性、投資などに関するルールやしくみが統一され、貿易が活性化することは、一見良いことのように思えますが、実は大きな問題をはらんでいるのです。 TPPにより、農業への大きな影響や食品安全基準の緩和や医療の質の低下、生命や財産を守るための規制の変更など、私たちの食と暮らし・いのちへの影響が懸念されているのです。

  • TPPとこれまでのFTA/EPAは違う -例外なき関税撤廃-

    でも、貿易自由化の試みは今までもありましたよね?
     

    良いところに気がついたね。 ナナさんの言うとおり日本はさまざまな国と、FTA(自由貿易協定)やEPA(経済連携協定)を締結/合意して、貿易の自由化を進めてきました。

    TPPはその延長ではないの?
     

    FTA・EPAとTPPは大きく異なります。たとえば、日本はこれまでの、FTA・EPAでは「重要な品目は対象外にして欲しい」というように、一部の物品を除外してきました。つまり、自由化すると深刻な影響を受ける品目を対象外にして守るとともに、両国にメリットがあるものについては自由化を促進しようとしてきたのです。
    これに対して、TPPは非常に高いレベルの自由化をめざしており、たとえその国や社会にとって重要度が高い物品であっても、特定の物品を除外することは極めて難しい協定なのです。

  • 対象が広範囲で例外を認めない

    TPP交渉では、すべての物品が対象となるわけですね。
     

    物品だけではないよ。食の安全に関わる検疫、薬の特許権などの知的財産、サービス、投資、金融など、きわめて多様な分野が対象となっています。参加国同士で、様々な規制やルールなど社会の仕組みを統一することも、狙いのひとつなんです。

    関税が撤廃されて輸出入が活性化したり、ルールが統一されることは良いことのように思えるけれど?

    理不尽な制約がないことは良いと思えるかもしれませんが、 TPPによって関税が削減・撤廃されると、中小企業や農家には、死活問題になると考える人も多いのです。
    また、交渉の結果、国内の規制・制度の緩和・撤廃を求められる懸念もあり、これまで築いてきた国や社会の仕組み、あるいは基準などが一変し、私たちみんなに大きな影響を及ぼすと考えられています。

  • TPPがめざすもの

    このようにTTPは、私たちの食と暮らし・命に密接に関わる重要な問題なのです。   TPPにより具体的にどのような影響が懸念されているのか、これから見ていきましょう!

    食の安全・安心・医療・雇用

    経済・農業・環境・安全

    クイズでわかるTPP